育てて食べる再生栽培《ふだんは食べずに捨てる部分から野菜を育てるアイデア》|NHK まちかど情報室 今朝の逸品 2020.12.15

Pocket


NHKニュース・おはよう日本・人気コーナー『まちかど情報室』!

2020.12.15放送のテーマは『育てて食べる再生栽培』と言うことで、『ふだんは食べずに捨てる部分から野菜を育てるアイデア』です。


2020.12.15 まちかど情報室 情報その 1


育てて食べる再生栽培ふだんは食べずに捨てる部分から野菜を育てるアイデア』!


普段は食べずに捨てられているタネや野菜の根から野菜を育てる、再生栽培する方法を書籍や動画を通じて発信していると言う…

家庭菜園と収穫野菜の料理を研究している料理研究科の大橋明子さんが、達人ならではの捨てずに食べる再生野菜栽培方法のワザとポイントを伝授♪


基本ゴミとして捨てられる運命だったモノを使っての再生栽培と言うことで、ダメもとで感覚で…

失敗しても良いくらいの気持ちで、実験気分で取り組むくらいが丁度良く!?

誰でも超簡単&手軽に取り組くむことができる、再生栽培入門におすすめなのが、器となる容器とお水があれば誰でも簡単&手軽にチャレンジできる『水栽培』で…

レタスなどの葉物野菜の芯をコップなどの容器に入れ、根本が浸かる程度のお水を注ぎ入れるだけ!?

1日に2回程度を目安に容器の中のお水を交換することで、約10日ほどで葉が伸びまた食べられるそうで…

気温の低い冬シーズンであれば、お水の中の雑菌が繁殖しにくく、白菜やセロリなどもそれぞれ一回づつ再生栽培可能だと言うことです。

また、よりたくさんより長期間に渡り栽培を楽しみたいのであれば、土を使っての再生栽培がおすすめで…

再生栽培初心者さんにおすすめの野菜と言うが小松菜だと言うことで、根のあるモノを選ぶと言うことががポイントで!?

根とと共に小さな葉を数枚程度残し、深さ15㎝程度の植木鉢を使い土に植え栽培することで…

こちらも約10日ほどで収穫可能となると言うことで、葉っぱだけを切り取り収穫することで、何度も繰り返し収穫することができると言うことです。

さらに普段は捨ててしまタネからの再生栽培に、初心者さんにおすすめなのがパプリカだそうで…

熟していない緑色したピーマンと異なり、充分に熟し赤や黄色に色づいたパプリカのタネは発芽しやすく!?

春シーズンから夏シーズンに掛けの時期が栽培に適しており、タネをまく際によりたくさんのタネをまくと言うがポイントで…

発芽したら元気のないものを間引き、2ヶ月間ほど育てたのち一番元気なモノを一本だけ大きなプランターに植え替え育てることで、約2ヶ月後ぐらいには収穫することができるようになるそうです。



管理人による個人的評価

捨てればゴミとなる野菜クズと呼ばれる根や芯にタネを再利用して栽培する…

フードロス&ゴミ削減に寄与できちゃう、『再生野菜栽培』を、達人ならではワザとポイントを伝授!?

誰でも簡単&気軽にチャレンジできる再生野菜栽培方法であり、今日からスグにでも実行可能だと思います。

コロナ禍によりお家で過ごす時間が長いからこそ、気分天下の意味も込めてチャレンジしたい、そんな逸品アイデア情報ってところでしょうか!?