長いままでも、折りたたんでも傘袋に入れられる傘『2通りにたためる 折りたたみ傘』|まちかど情報室

Pocket


NHKおはよう日本『まちかど情報室』からの情報です。

2019.07.08のテーマは『ふだんはコンパクト』と言うことで・・・

『小さくても形を変えて役立つアイデア』です。


長いままでも、折りたたんでも傘袋に入れられる傘2通りにたためる 折りたたみ傘

引き伸ばした状態でもそのままクルッとまとめて留め置くことができちゃう♪



画像引用元:https://www.muji.net/store/
◇ 無印良品
┗ 03-3989-1171


長短どちらの状態でも留め置くことができるのはもちろん、カバーに主能して持ち歩くこともできちゃうアイデア折りたたみ傘『2通りにたためる 折りたたみ傘』♪


コンパクトに折りたたんで持ち歩くことができるのはもちろんのことながら・・・

使い終わった後など雨粒に濡れた状態の時など、伸ばした状態で布地をクルッと丸めて留め置き・・・

長尺用傘立てなどにそのまま差し入れ、簡単&らくらく立て掛けておくことができちゃう♪

しかも、引き伸ばした状態でもそのまますっぽり収納することができる専用カバーはと言えば・・・

折りたたんだ状態の傘を収納する時には、途中から折り返し留め置くことができるフックが装備されており!?

長短どちらの状態でもジャストフィットで使用でき、カバンやバッグに入れて持ち歩いたり、そのまま持ち歩いたりなど自由自在に使用する音ができちゃいます。



Personal evaluation

折りたたむことはもちろん伸ばした状態でも簡単&らくらく留め置くことができると言うのがPointのアイデア折りたたみ傘です。

傘事情にあまり詳しくない管理人ですので、なんとも言えない状況ではありますが・・・

折りたたむことなくたたんだ状態を、そのままキープし続けることができると言うのは、はっきり言って極々当たり前の機能のような気がしますが・・・

傘カバーが長短どちらにも対応できると言うのは、はっきいって今までありそうでなかったアイデアだと思いますし、電車やバスに乗るときなど、とっても重宝する逸品アイデアだと思われます。

まあ、個人的には絶対に購入を決断することはないであろう、そんなひと品だったりもします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です